MENU

若ハゲの原因・対策・予防

薄毛を気にする男性

ハゲるのは年をとってからだと思いがちですが、人によってはもっと若くしてハゲてしまいます。

 

その若ハゲの多くはAGAによるもので、ジヒドテストステロン(DHT)という悪玉ホルモン(男性ホルモンのテストステロンが、U型5αリダクターゼという還元酵素と結び付いたもの)が、毛乳頭の中にある受容体と結び付いて毛髪の成長を阻害する作用をし、成長を抑制された毛髪が太く長くなる前に抜けるというプロセスを経るのが、AGAによる抜け毛の仕組みです。

 

本来は数年かかって育つべき髪の毛が数カ月の成長で抜けてしまい、髪が細くなり量が減ってきて薄毛になるのです。

 

DHTが増加してしまうのは未だ若い内ですと、専ら外的要因である食生活のや生活習慣の乱れによることが多いと思われます。

 

大豆

食生活が原因である場合は、髪の毛の成長に必要な栄養が不足していると思われます。

 

栄養バランスの整った食生活を送ることが大切です。

 

特に毛髪の約90%を構成する成分で肉類・魚介類・卵及び卵製品・大豆及び大豆製品・牛乳等に含まれているタンパク質

 

DHTの生成を抑制する作用のあるカキ等の魚介類や肉類に含まれている亜鉛、大豆や大豆に含まれているイソフラボンを意識して摂取し、それに野菜・果物・発酵食品等を組み合わせて摂るのが利用的です。

 

もし忙しく料理をする暇がない或いは料理が苦手だという人は、サプリを摂取するようにしても構いません。

サプリメント

 

次に生活習慣の乱れについてですが、これには睡眠不足・過剰な喫煙・過度な飲酒・運動不足等が考えられます。

 

これらの不摂生は身体の血行を引き起こしやすく、従って頭皮への血流もスムーズではなくなるため、髪の毛に運ばれる栄養が不足して薄毛になると考えられます。

 

睡眠不足は十分睡眠をとるようにすることで解消出来ます。

 

お酒については1日に飲む量を決め、煙草は数本数を減らすか禁煙をするようにしましょう。

 

睡眠中

また散歩や体操をするだけでも良いので、毎日適度な運動をする習慣を身に付けるようにしてください。その他にも過度にストレスを溜めないように休憩をとったり、趣味に没頭する時間を持つ等のリフレッシュ方法をとることも不可欠です。

 

まやヘアケアに関しては添加物が多く洗浄力の強すぎるシャンプーの使用を止め、正しく適切な方法で洗髪した後頭皮マッサージを行い、多少薄毛の目立つ初期脱毛の際には育毛剤も有効です。

 

明らかに薄毛が目立つようになってしまった場合は、AGAの専門クリニックを受診するか、スカルプエッセンスを活用するようにしましょう。