MENU

てっぺんハゲとM字ハゲの原因は違う?

喜ぶ女性

男性のハゲには頭頂部が薄くなるものとおでこの生え際が後退するものとがあります。

 

頭頂部が薄くなるものはてっぺんハゲ、生え際の後退のうち両脇から食い込んでいくものはM字ハゲなどと言われます。

 

このてっぺんハゲとM字ハゲ、どうして人によってハゲはじめる場所が違うのでしょうか?

 

結論から言うと、遺伝などによりハゲやすい場所が人により異なるだけで、ハゲの原因自体は同じのようです。

 

血行が悪くなりやすく、また男性型脱毛症に関連する5αリダクターゼという酵素が多い部位から抜け毛が進行すると言われています。

 

てっぺんハゲにせよM字ハゲにせよ、男性型脱毛症の原因は、遺伝、偏った食生活、睡眠不足、運動不足、ストレスなどがあると考えられています。

 

遺伝は仕方ないにせよ、生活習慣などは変えられます。

 

睡眠不足

髪に悪い生活習慣をあらためてストレスを解消することがハゲの対策として重要です。

 

脂質を控えタンパク質・ミネラル・ビタミンをしっかり摂ること、睡眠時間は充分に確保すること、運動習慣を身につけることなどで薄毛が改善する可能性があります。

 

また、育毛剤は生え際と頭頂部で効果が違うものがあります。

 

たとえば育毛成分として有名なミノキシジルはてっぺんハゲには効くけれどM字ハゲなど前頭部には効果が無いと言われています。

 

育毛剤を選ぶときはそれぞれのハゲに合った有効成分のものを選ぶことが大切です。

 

おすすめ男性用育毛剤ランキングはこちら

(飛び先のページで下へスクロールしてください)

 

女性サイドのAGA(エージーエー)についても男性ホルモンが関わっていますけど、実際は男性ホルモンがそっくりそのまま働きかけるということではなく、女性ホルモンのバランスの何らかの変化が理由です。薄毛・抜け毛など、頭髪治療の専門医療施設を訪れる人がだんだん増えていまして、年齢を重ねることにおける薄毛の心配はもとより、20〜30代前後の若い年代の方たちからの外来相談も増加し続けています。遺伝的な要素が影響しなくても男性ホルモンがすさまじく分泌を促されたりなんていう体の中で引き起こるホルモンの様子の変化が作用することにより抜け毛がひどくなったあかつきにハゲに発展する事例もございます。抜け毛が増加するのを防ぎ、豊かな頭の髪を保持し続けるには、毛母細胞の細胞分裂の役割を可能なだけ盛んにさせる動きがベターなのは、周知の事実ですね。年中汗をかくことが多い方や、皮脂分泌が多い方は、日々のシャンプーによって髪の毛や頭皮を衛生的に保ち、蓄積した余分な皮脂がさらにはげを悪化させることのないように注意することが大事です。

日々の不健全な生活によりお肌がくすんだりブツブツができてしまうように、当たり前ですが不健康な食事の摂取、また生活スタイルを過ごしていると髪の毛だけでなく体中の健康維持に非常にダメージを与えることになって、AGA(androgenetic alopecia)が発生する確率が高まります。紫外線が強いような日は日傘を差すといったことも主要な抜け毛の対策方法です。極力UVカットの加工されている商品をセレクトすると良いでしょう。外に出る際のキャップやハットかつ日傘は、抜け毛対策を行う上で最低限必要な必需品です。しばしば各病院の対応に差異が生まれるのは、医療機関において薄毛治療が実施されだしたのが、近年のために、病院の皮膚科であっても薄毛治療について詳しい皮膚科医があまりないからです。ずっと頭髪全体を元気な状態でいつづけるために、育毛効果を目指して、地肌部分への不正確な頭皮マッサージは絶対にやめるように注意を払うべき。様々な事柄は後々後悔しがちです。昨今はAGAをはじめとする、円形脱毛症や脂漏性脱毛症等、いろいろな種類の抜け毛にコンプレックスを抱いている方が増加傾向にあるため、各医療機関も一人ひとりに合う治療方法にて対応を行ってくれます。

 

頭の抜け毛を防ぐための対策においては、家で行える日ごろのお手入れがなにより大切で、年中ケアするかしないかにより、いずれ行く行くは頭部の髪の状態に大きな差が開くことがあります。一般的な人が使うシャンプーではあまり落ちてくれない毛穴の奥にこびりついている汚れについてもキッチリ取り去って、育毛剤などに含有している効き目のある成分が直に地肌への浸透を促進する状態にしてくれるといった役目をするのが育毛シャンプーなのでございます。薬用育毛シャンプーとは、本来のシャンプーの主な目的の、頭髪の汚れをキレイに洗い流し清潔な状態にすること、そしてその上、頭髪の発毛、育毛にとって効果的な働きを生む成分が入っているシャンプーなのです。実際育毛専門クリニックにおける抜け毛治療を受ける折の最も新しい治療費用の負担については、内服外用の薬剤に限る治療よりかなりやはり高くなりますが、各々の状態により相当有効性が得ることが出来るようであります。抜け毛の治療にて頭に入れておく点は、使用方法&服用量などを守るという点です。薬の内服も、育毛剤など全部、決められている1日の内服量と回数をきちんと守り続けることが必要です。