MENU

男性の薄毛の原因

加齢とともに薄毛が進む男性は多く、50代の男性では半数以上で男性型脱毛症(AGA)が進行していると言われています。

 

ハゲの男性

男性の薄毛の原因で大きいのは、遺伝だと考えられています。

 

男性の薄毛には男性ホルモンが関わっているのですが、親から受け継ぐ男性ホルモン受容体遺伝子の性質が薄毛になりやすいかどうかに関連しているのです。

 

この男性ホルモン受容体遺伝子は母方から受け継ぐとされています。

 

ただし、また別の薄毛に関連する遺伝子もあり、そちらは父方から受け継ぐこともあります。

 

つまり薄毛は父母両方の家系から遺伝する可能性があるのです。

頭を抱える男性

 

ですが、薄毛の原因は遺伝だけではありません。

 

生活習慣の乱れやストレスなども薄毛や抜け毛の原因になります。

 

たとえば食事の栄養バランスが偏ると毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなり薄毛の原因となります。

 

また脂っこい食事は頭皮の脂も増やし、頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

睡眠不足も健全なヘアサイクルを乱し薄毛を進行させます。

 

ストレス

ストレスは頭皮の血流を悪化させ、抜け毛や薄毛の原因となります。

 

適度な運動習慣はストレスを解消させ血行を良くし育毛に効果的だと考えられますが、極端な筋トレなどは、男性ホルモンを増加させたりタンパク質を消費するなどで、かえって毛髪には良くない可能性もあります。

 

シャンプーやマッサージなどの頭皮ケアも、まちがったやり方を続けているとかえって薄毛を促進してしまうこともあります。

 

また、病気やけがによる薄毛というのもあります。

 

内臓の病気などで抜け毛がおこったり、頭皮をやけどするとそこに毛が生えなくなったりします。

 

おすすめ男性用育毛剤ランキングはこちら

(飛び先のページで下へスクロールしてください)

 

一般的に頭の皮膚の汚れを放っておくと毛穴を覆ってしまいますし、頭の皮膚と髪を不衛生なままでいると、細菌の巣窟を本人が用意して待ち構えているようなものです。これについては抜け毛を増やしてしまうきっかけになります。女性の立場でのAGA(エージーエー)についてもやはり男性ホルモンによるものですが、実は男性ホルモンがそのまま全部反応するものではなく、ホルモンのバランスに対する不安定さが原因であるとされています。事実抜け毛をまじまじと注視することにより、抜け落ちた髪が薄毛による毛髪なのか、もしくはまたヘアサイクルが関係し抜けた髪の毛であるかどうかを正しく判断することが出来るのです。

育毛シャンプーに関しては、頭皮に残った汚れを除去し含有している育毛成分の吸収力を促すがある為薄毛治療及び毛髪ケアに関して、大切な仕事を担っています。まだまだ薄毛が際立って進んでいなくて、数年単位で発毛を目指したいと検討しているならば、プロペシアだとかミノキシジルなどの男性型脱毛症用薬の内服する治療であったとしても影響は生じないでしょう。

 

頭髪の抜け毛を防ぐための対策においては、家で行うことができる日常的なケアが大変大切であって、年中毎日手を掛けるか掛けないかで、いつか毛髪の様態に著しい違いが生まれる可能性が高いです。個人ごとの薄毛の原因に適した方法で、頭の脱毛を予防し発毛を促す薬・トニック・サプリメント等が多数市販されております。こういった育毛剤を上手に利用し、ヘアサイクルを正常に保つケアに努めましょう。
医療機関で治療をしてもらうにあたり、かなり問題となりうるのが治療に必要な費用の事。抜け毛と薄毛の治療をする上では社会保険サービス適用外であるので、絶対に診察費と医薬品代がすべて実費扱いで高額になるのは間違いありません。

 

薄毛を意識しすぎることが次第にストレスを蓄積することになりAGAを広げてしまうという実例もたくさんありますため、ずっと一人で思い悩まずに、正しい治療をダイレクトに受けるといったことがポイントといえます。AGA(エージーエー)については日々進行していきます。何もしないで放置したままだと最終的に頭髪のボリュームはダウンしていき、一層薄くなっていってしまうでしょう。そのためにAGAは初期のうちからの正しい手入れが要になります。

 

一般的に毛髪が成長する一番の頂点は22〜2時ぐらいです。つまりこの時間迄には床に入る振る舞いが抜け毛予防に関しては何より重要だと断言できます。実を言えば抜け毛の数量が多い頭部の皮膚に関しては男性ホルモンの影響によって、脂が大変多くなりやすく毛穴が詰まったり炎症を起こす場合があります。少しでも予防するためには抗炎症作用&抗菌作用が含有された育毛剤・トニックを選ぶようにしましょう。

市販の普通のシャンプーではとても落ちにくいような毛穴中の汚れもよく洗い落としてくれて、育毛剤などに含有している有益成分が十分に地肌への吸収を促す環境にしてくれるのが育毛シャンプーというものです。頭髪の薄毛は何もしないままでいたとしたら、いつか脱毛を生じるきっかけになって、さらに長期対策をしないままだと、毛髪の細胞が完全に死滅してこのまま一生毛髪が生えてこないという結果になってしまいます。近ごろは、抜け毛に関する治療薬として世界各国60ヶ国以上で許可・販売されている新薬「プロペシア錠(フィナステリド)」を飲み続ける治療手段が増してきているようです。